歯と歯茎を健康に保ちたい人を応援するサイト

>

種類があり過ぎて悩む

無理に使わない

歯と歯の間をきれいにする道具は、歯間ブラシの他にデンタルフロスというものがあります。
歯間ブラシはブラシで、デンタルフロスは糸。
歯と歯の間をきれいにするという目的は変わらないのですが、形がまったく違うので使い分けが必要になります。
歯と歯の間が広い人は、デンタルフロスだけで汚れを取ることは大変かもしれません。
歯茎が痩せているところに大きな食べカスが詰まってしまうことがよくあるのですが、歯間ブラシを使うと一回で簡単に取ることができます。
問題なのは、食べカスが狭い部分に挟まってしまったときです。
その場合は、デンタルフロスが適していると言えるでしょう。
それから、歯と歯の間に隙間がないからと言って、汚れていないと思うことは大間違いです。
その場合は、無理に歯間ブラシを使わず、デンタルフロスできれいにしましょう。

自分に合った商品選び上手に使う

ここまで、おススメの歯間ブラシとその特徴ついていろいろと紹介してきましたが、一番大切なことはやはり自分に合った商品を探すこと。
そして、上手に使うことです。
どんなに優れた商品でも、使い方を間違えると悪い結果がでてしまいます。
歯茎は一度下がるともう元には戻りません。
歯と歯の間はどんどん広くなり、最悪の場合、メーカーにクレームを入れるなんてことにもなりかねないので、必ず注意事項を読んでから使用するようにしましょう。
まだ歯間ブラシを使っていない人は、WEBサイトの人気ランキングを調べてみてください。
どんな商品が売れているのかがすぐに分かりますと思います。
ぜひ参考にして歯と歯茎の健康に役立ててください。


シェアする