歯と歯茎を健康に保ちたい人を応援するサイト

>

健康はお口の中から

素材に注目しよう

歯と歯茎の健康のためには、まず、歯間ブラシの素材に注目しましょう。
従来の歯間ブラシは、細い針金にナイロンの毛が付いているもので、かなり狭い場所も掃除できるという優れものです。
針金なので自分が使いやすいように自由自在に曲げられ、その形を維持することもできるので、とても便利です。
しかし、問題なのはその針金の部分。
視力が悪い人や不器用な人は、歯茎に刺してしまう場合があるので、歯間ブラシは嫌いという人も少なくありませんでした。
値段的にも決して高くはないしよく考えて作られているのですが、使う人を選ぶ商品なので気をつけましょう。
特に小さなお子様に使う際は気をつけないと、歯みがきが嫌いになってしまうことがあるのでおススメではありません。

形は同じでも素材で使い心地は変わる

そこで近年注目されているのが、素材を柔らかいゴムにした製品です。
形は昔からある針金でできた歯間ブラシと同じなので、使い方は簡単。
柔らかいゴムなので、くねくねと自由自在に曲がります。
歯と歯茎を傷めにくい素材のこの製品は、発売と同時に大人気になりました。
ただひとつ欠点を言えば、痛くないのでやり方が雑になってしまうことです。
この歯間ブラシは指でつまんで持つので、力を入れ過ぎることはありませんが丁寧に扱うことを忘れてはいけません。
歯ブラシを使う際も、歯と歯茎のために優しく磨くことが鉄則。
十分に気をつけましょう。
小さくて素材がゴムの歯間ブラシは、歯茎をあまり刺激したくない人にぴったりなものだと思います。


シェアする