歯間ブラシはこれがおすすめ!タイプ別の特徴をご紹介

歯と歯茎を健康に保ちたい人を応援するサイト

虫歯や歯周病になりたくなかったら使ってほしい歯間ブラシ

オーラルケアブームである現在、各メーカーは競い合うように商品を販売しテレビCMもやっています。
ドラッグストアに入ると、オーラルケア商品というコーナーが壁の端から端まで設けてあり商品がいっぱいです。
お子さんからお年寄りまでオーラルケアの商品にはとても興味があり、新商品には敏感。
CMで新商品が発売されたことを知ると、すぐにお店に駆け込む人もいるのです。
専門家の話では歯ブラシで磨くだけでは6割程度の汚れしか落とせていないとのこと。
これはショックです。
毎日磨いているにも関わらず、虫歯になってしまうことに悩む人も多かったことでしょう。
原因は、きれいに磨いたつもりでも完全ではなかったという訳です。
そこで、注目されたのが歯間ブラシ。
歯間ブラシとは、歯ブラシでは落としきれない「歯と歯の間の汚れ」をきれいにするブラシのことです。
歯間ブラシは昔からあったのですが、今ほど注目はされていませんでした。
種類はサイズ違いがあるだけで、メーカーが違ったとしても見た目はほぼ同じ。
細い針金にナイロンの毛が付いているだけのものでした。
しかし、最近は驚くほどたくさんの種類が発売されていて、正直どれがいいのか迷ってしまいます。
従来の歯間ブラシも根強く残っていますが、より安全で使いやすさを追求した製品が続々と発売されていて、人気を競い合っています。
歯は、生涯必要です。
歯や歯茎が健康でないと、物が食べられなくなり体も不健康になります。
最近の研究で口の中のトラブルから様々な病気を発症していると言われていますので、オーラルケアはとても大切です。