経営改善!おすすめの資金繰り方法

バンクとノンバンクの違いを知っておきましょう

まずは支店で相談をしてみましょう

資金繰りが必要な時とはどのような場合でしょうか?

経営を改善する為に必要な人員を確保する為、新しい資材や機械などを拡充する為。色々な場面で資金が必要になってきます。

大抵の中小企業や個人事業主はメインバンクが決まっているので、その取引が今まで順調であれば、メインバンクからの追加融資は受けやすいのですが、返済が滞っている場合には追加融資をお願いする事は難しくなることもあります。

経営改善のための追加融資をする場合は、今後の事業の業績が右肩上がりになることを想定します。その為には、事業計画をしっかりと組む必要がありますね。

融資は借金と同じですので、審査が甘ければ甘いほど金利は高くなりますし、審査が厳しければ金利は安くなります。
また基本的には、審査が甘ければ甘いほど融資スピードは速く、審査が厳しければ融資のスピードは遅くなります。

経営改善のための融資が必要な場合は時間がありますので、前もって各会社の金利の情報を調べておきましょう。会社によってはWebでシミュレーションができる事もありますし、匿名で相談を出来ることもあります。そういった無料サービスは是非活用してみましょう。

ただし金利は、会社の規模や業績実績によっても変わってきます。
どの会社に融資をお願いしても、必ず返さなければならないものですので、金利がなるべく低い会社を選びたいですね!

こちらでは、日本政策金融公庫、銀行、そしてノンバンクからの借り入れについてご紹介をします。
自社がいまどのような立場なのかを考え、顧問税理士と話し合いながら借入先を念入りに決めましょう。

自社に合った資金繰り方法を選ぶ

日本公庫とは日本政策金融公庫の略称です。日本公庫は政府が100%出資をしている株式会社です。中小企業、個人事業主、農林水産業を主な融資先としています。 銀行に比べて比較的金利が安い事、審査が通りやすい事などの利点もあります。 全国に支店がありますので、まずは相談をしてみましょう。

今までの返済実勢が重要です

メインバンクとのお付き合いの上で経営改善のための追加融資を依頼する場合は、今までの返済実績が重要になります。 返済が滞っていたり税金の滞納がある場合は、銀行での融資は難しいものです。 また、融資金額が非常に大きな場合は今後の事業計画も重要になります。

メリットとデメリットを知っておきましょう

銀行は個人や企業の預金を元に貸し付けを行いますが、ノンバンクはお金を貸すために必要な資金を銀行から借りて融資を行っています。 ノンバンク会社の利益は、貸した金額にかける金利によって成り立っています。よって金利は銀行や日本公庫より高くなるのです。

PAGE TOP